バンコクで骨折

こんにちは

先日厚底サンダルを履いて歩いていたら、足をひねって左足小指の付け根を骨折したアイビーです。

まさかの骨折(T_T)

息子がタイへ遊びに来る直前だったので、どこにも出かけられないのかと思ってボー然としました。

サミティベ受診の様子や、足指骨折に便利なグッズを見つけたのでご紹介します。

目次

サミティベ受診

ひねった当日は放っておけば良くなるかな、と思っていましたがだんだん腫れてくるし、青くもなってくる。

受診した方が良さそうだと判断し、翌日サミティベへ行きました。

整形外科でレントゲンを撮ってもらうとやはり骨折でした。

医師からは

「ギプスをするにはまだ腫れているから今日はギプスシーネで固定します。」

「腫れがひく1週間後にギプスをします」と言われました。

入浴時は外さずにビニールなどで保護してシャワーを浴びるように!怪我した足は絶対に床に着けないように!ずっと装着するように!とのこと。

その際、ギプス用の靴は必要か?と言われて、何もないと困ると思い「欲しい」と言ったところ、出てきたのがこのサンダル。

カエルにしか見えないサンダル。500バーツ。

ただでさえ骨折で泣きたいのに、このサンダルを見てさらに落ち込みました。

その後リハビリ室で松葉杖の調整をしてもらい、使い方を教えてもらいました。

サミティベ内での移動はずっと車いすです。

1週間後の予約票をもらい、会計を済ませて帰宅しました。

お会計は保険適用外が3,620バーツでした。

足指骨折時の頼れるグッズ

カエルサンダルで帰宅後、こんなんじゃあどこにも出かけられないし、出かける気にもなれない。。。と、必死で何か良いものはないかとネットで検索しました。

そうしたら同じように足指を骨折している人が紹介している商品がありました。

それがこちら。名前は「ギプスシューズ」です。

出展:Amazon

歩く時に足指に圧力がかからない形状になっていて、重さも260gと軽量で滑り止めも付いています。

ゆとりがあるマジックテープ付きなので、丁度いい長さに合わせてカットできます。

口コミもチェックして、これに賭ける思いで注文しました。

ギプスシューズ履き心地

サミティベで購入したサンダルとは比較にならないぐらい良かったです。

見た目もパッと見ただけでは怪我しているようには見えないぐらい、そして歩きやすく安定感があります。

サイズが不安でしたが、普段の靴より1サイズ大きいものを注文しました。

ベルトは長いのでギプスした足にも余裕で巻くことができて、それ以上長い分はカットできます。

ただ口コミでもありましたが、厚みがあるため、健康な足に履く靴も厚みがあるものじゃないと少し不安定になる人もいるようです。

私は健康な足には同じく黒いサンダルがあり、底の厚みがあるものだったのでその違和感は感じていません。

このサンダルが届いてからは、muvmiやアパートのトゥクトゥクにも乗れる、外食やスーパー、セントラルワールドや釣りにも出かけることができました。

サミティベ再診

1週間後の再診でギプスを装着すると言われて、病院へ行くのを躊躇っていました。

なぜなら同じように骨折した友達から「足首までギプスだったよ」と聞いていたので、足指だけでそこまで大ごとにしたくない!今の取り外せるギプスシーネで大丈夫そう!と素人判断があったからです。

憂鬱なまま診察室に入ると、ギプスの話は全く出ず診察が終わろうとしてます。

「最後に質問はありますか?」

と聞かれたので(もちろん通訳さんに)

「先週診てもらった先生からは、今日ギプスを巻くと聞いていたんですが。。。」

と言ったところ、

「ギプス巻くと高いから!保険で賄えないからしなくていいよ。今のギプスシーネで様子を観て。」

とのこと。拍子抜けしてしまい、通訳さんも苦笑い。

その先生は処方薬についても、

「ビタミンDいる?一応処方するけど窓口で支払いが必要だったら断っていいよ!」

と。飲んだ方がいいなら飲んでおこうと思って処方をお願いしました。

結局会計時は実費請求はなく、サインだけで済みました。

こんな先生いるんだ~と笑っちゃいました(゜▽゜)

正直初診の先生だったらもっと深刻な対応をされたんだろうけど、再診の先生で心が軽くなりました。

※初診と再診の先生が違ったのは、予約時間を変更したくて問い合わせたら初診の先生と合う時間がなく変更になりました。

まとめ

骨折してかなり落ち込みましたが、外出できるサンダルを見つけたことで生活レベルを落とさずに済みました。

そして意外にも近くに同じように骨折したことのある友達がいたことにも驚きました。

バンコクは道が悪いので、皆さんも足元に注意してくださいね。

※ご紹介したサンダルはあくまでも個人の感想です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次